初心者向け CSS講座:線を引こう②

こんにちは、初心者向けCSS講座 第25回目の講座です 。
前回はCSSで線の太さを指定する「border-widthプロパティ」についてご紹介しました。
今回はCSSで線のスタイルを指定する「border-styleプロパティ」についてご紹介します。
目次

線のスタイルを指定しよう

border-styleプロパティ

線のスタイル(装飾)を指定するには「border-style」プロパティを使用します。
線にもさまざまな装飾をすることが可能です。1本線が通常ですが、他にも2本線、破線、点線、立体的な線など様々なスタイルが選べます。
指定方法によっては上、下、左、右で違うスタイルを指定することも可能です。

border-styleプロパティを使ってみよう

それでは実際にborder-styleプロパティをつかって線のスタイルを指定していきましょう。
上の表で書いてある8つのパターンと、上下左右別のスタイル指定してみましょう。こちらのHTMLサンプルコードを使います。
わかりやすくするためdivにクラス名をつけています。
<!doctype html>
<html lang="ja">

<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>線を引こう</title>
    <meta name="description" content="線の種類「border-styleプロパティ」">
    <link rel="stylesheet" href="style.css">
</head>

<body>
    <div class="style1">1本の実線  border-style: solid; </div>
    <div class="style2">2本の実線  border-style: double; </div>
    <div class="style3"> 破線  border-style: dashed; </div>
    <div class="style4"> 点線  border-style: dotted; </div>
    <div class="style5">立体的な谷型の線  border-style: groove; </div>
    <div class="style6">立体的な山型の線  border-style: ridge; </div>
    <div class="style7">囲まれた部分が凹んで見える立体的な線  border-style: inset; </div>
    <div class="style8">囲まれた部分が浮きで見える立体的な線  border-style: outset; </div>
    <div class="style9" >線の太さ:4px、上:2本線、右:点線、左:立体線 border-style: double dotted solid ridge; </div>
</body>

</html>
次に線のスタイルを指定するCSSを書きます。線の太さと、下余白は共通する部分なのでdivタグに指定しています。
@charset "UTF-8";

div{
    border-width: 1px;
    margin-bottom: 20px;
   }

.style1{
         border-style: solid;
       }
.style2{
         border-style: double;
       }
.style3{
         border-style: dashed;
       }
.style4{
         border-style: dotted;
       }
.style5{
         border-style: groove;
       }
.style6{
         border-style: ridge;
       }
.style7{
         border-style: inset;
       }
.style8{
         border-style: outset;
       }
.style9{
    border-width: 4px;
    border-style: double dotted solid ridge;
}
ブラウザで表示すると画像の通りです。それぞれのdiv要素が様々な線スタイルで囲まれたことがわかります。

実行結果

ブラウザでの実行結果はこちらで確認できます。

次回

今回は線のスタイルを指定する「border-style」プロパティについてご紹介しました。
次回は線の色を指定する「border-color」プロパティについてご紹介します!
それでは、また次回もよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

目次
閉じる